看護師の転職率

看護師の資格を取り、最初に勤めた病院にずっと勤務するという人はかなり少ないのではないでしょうか?
いわゆる「手に職」と言われる資格で、よっぽど長期間(10年とか)のブランクでも空いてない限り、何歳になってもすぐに勤務先が見つかる仕事でもあります。


看護師は転職前提?

そんな資格ですから、看護師の皆さんもある程度は病院を移ることを前提として働いている人も多いですよね。実に7割以上の人が転職経験ありと言われています。
どこでも人手不足ですから、同じ病院で長期勤務して給料を上げてもらうより、給料の高い他所の病院に移る方が早くて容易であるといのも理由の一つかもしれません。


チームワークや人間関係に悩む人も多い

看護師の求人情報がいつでもひっきりなしに掲載されている理由は、純粋に人手不足だということや、重労働であるということも大きな理由ですが、
意外と(?)多い理由が、
「先生が嫌」
という理由。
看護師さんはドクターのアシスタントのようなものでもあるわけですから、「生理的にどうしても好きになれないドクター」の下につくことになったら、それはかなりストレスたまるのでしょう。
ドクターを筆頭に、チームワークを発揮して働くわけですから、人間関係を良好に保てそうかどうかという観点も大事ですね。

Comments are closed.