看護師と交替勤務

特に大型病院や総合病院といった患者の受付を24時間行なっている病院では看護師の勤務時間帯に交替制が採用されている所が殆どです。この交替制は一日24時間を何分割して看護師を割り振るかによって呼称が別れ、一般的には日勤と夜勤で分けてしまう2交替制と、日勤、準夜勤、深夜勤の3つに勤務時間を分けてしまう3交替制があるとされています。


2交替制と3交替制

まず2交替制は24時間を日勤と夜勤の2分割とする交替制であり、時間帯は病院によって異なる為あくまで一例ですが例えば7時~19時と19時~7時といった構成などがあります。一度出勤すると勤務時間が長い半面、その分休日も多いのが特徴です。また3交替制の場合は24時間を日勤、準夜勤、深夜勤の3つに分ける為9時~17時、17時~0時、0時~9時といった構成があるようです。3交替制は一回の勤務時間が2交替制と比べて短い半面連続した休みが取り辛いと言われています。


看護師にとってどちらが良いのか

看護師にとって2交替制と3交替制はどちらにも長短がありますが、基本的に交替制度は個人レベルではなく病院レベルで施行されているものなので強い希望がある場合、自分の希望する交替制度を取っている病院に就職する他ありません。またどちらの制度でも休みの前の日には夜勤が来る事が多いようですが、3交替制は日勤と深夜勤が準夜勤を挟んで続けてはいる事があり、夕方一度家に帰ってまた夜に出勤するといった話も珍しくはないようです。その為2交替制のほうが一度の勤務時間は長いものの2交替制を好む人のほうがやや多いと言います。

Comments are closed.