看護師か准看護師か

看護師には実は正規の「看護師」とそれに準ずる「准看護師」の2種類資格があるのはご存知でしょうか。この二つは成るのに必要な年数が異なる他、実際に働く事になった場合の給料にも差があります。


二つの資格間にある差異

前述の通りまずこの二つでは積まなくてはいけないキャリアに差があるとされています。まず高校卒業後に専門学校に通い目指すのであれば正規は3年かかると言われていますが准なら2年で済むそうです。ただし一度准として職につくと正規になる為には現在10年の勤続経験が必要とされています。尤もこの勤続経験10年の縛りに関しては現在撤廃に向けて話が進んでいるようです。尚、准看護士は言ってしまえば条件付きの看護士であり法的には「医者の許可があれば看護士相当の行為が許される」とされています。つまり許可さえあれば准看護士は看護士と同等の活動ができる上給料が少なく済む為個人病院や地方病院では好まれる傾向にあると言います。


准看護師は廃止になるのか

ただこの准看護師に関してはもう長い事廃止案が唱えられています。その背景には看護職に求められている技術が高くなってきている事などがあげられ、医療行為解禁制度が実装されればより制度の廃止を求める声は大きくなると思われます。その一方で現在医療の現場では准看護師無しでは立ち回らない病院も多く実際に廃止するのはかなり難しいと言われています。

Comments are closed.