特定看護師とは

看護の現場について調べているとしばしば「特定看護師」という単語を目にする事があると思います。この特定看護師とは通常の看護以上の医療を一部扱うことができる看護の資格ならびにその制度の施行を意味し、医師会や厚生労働省などによって3年近くに渡り長く議論されているものの未だに実施には至っていない資格の事です。


まだ施行はされていないの?

特定看護師の資格としての施行は依然成されていませんし創設に関しても見送りが続いていますが、「研修制度」という形で看護職の医療行為解禁制度には組み込まれています。これは看護職の方が専門の研修を受ける事で一部の医療行為が可能になるといった制度の事で保健師助産師看護師法の改正を経て2015年の実装が目標とされています。ただ資格ではなく研修と形を変えてはいるもののどちらにしてもまだ実施はされていないという事です。


特定看護師の背景

このような看護師の役割増強には背景に全国的な医者不足があります。ただ当初予定されていた資格としての制度では地方病院や個人病院の経営主から看護職の人間が自分のもとから独立してしまうのではないかという声が多く寄せられ、資格としての実装を断念、研修制度という今の形になったとされています。

Comments are closed.