准看護師と正看護師の違いをあなたはちゃんと知っていますか?

看護師といえば女の子が憧れる職業として長年人気ですが、実は2つの種類に分かれているというのはご存知でしょうか。
そこで、今回は准看護師と正看護師の違いについて分かりやすくご紹介。
看護師になりたいと夢見ている人は特に、この違いを知っておかないと思わぬ失敗を招いてしまうかもしれません。


〈正看護師は3年課程以上が必要になる国家資格〉

正看護師になるためには専門学校や大学に通い、3年課程以上を習得する必要があります。
また、正看護師になるためには国家資格に合格する必要があり、試験に合格するためには並々ならぬ努力が必要といえるでしょう。
一方、准看護師は2年課程を習得することが必要とされ、資格も都道府県が発行する公的資格となります。
もちろん、命を扱う仕事であるので試験も難しいですが、看護科コースのある高校などでは卒業と同時に現場で働くことも可能です。
そのため、いち早く看護師として働きたいという方にはぴったりといえるでしょう。


〈就職後の昇給には大きな違いが出てくるのでご注意を〉

両者では就職後の昇給で大きな違いが現れるので注意が必要です。
最初の頃ではそこまで大きな差は現われませんが、昇給額にも違いを設けている病院も多いので、やはり数年経ってくるとトータルの収入ではかなりの差が現われます。
そのため、同じ業務をしているのに差がどんどん開いていくということに、不満を抱く准看護師の方も多いようです。
これから看護師になりたいと考えている方は、今後のことも考えて自分がどちらを目指すのか決めた方がいいでしょう。


〈資格取得支援も積極的に行なっている病院も多くあるのでご安心を〉

病院の中には准看護師から正看護師へのステップアップ支援を行なっている病院も多くあります。
働きながら専門学校や短大に通えるように配慮してくれたり、学費の支援をしてくれる病院もあったりするので、准看護師の方はこうした福利厚生のある病院を選んでみてはいかがでしょうか。

准看護師は全体の割合から見ると正看護師よりも少ないですが、それでも人手不足に悩まされている医療業界には欠かせない存在です。
しかし、年収などその後の人生も大きく変わってくる選択になるので、今後の人生プランをしっかりと考えてどちたの道を歩むのかお決めください。

Comments are closed.