一般病院につとめる看護師

看護師という職業は、患者を看護することで元気になる手助けをしそれを自分の生きがいにできます。


<一般病院の看護師勤務>

医療施設の分け方はベットの数によって病院と診療所もしくはクリニックとなり、総合病院とくらべると規模が小さめになります。

診療科目も少ないのが特徴で就職前に本人の希望する科から募集があるのか、採用予定があるのかがわかります。

勤務時間には多様な形態があり、一般病院の中には日勤勤務だけの場合もあり通勤時間なども考慮して考えます。

【関西地区での病院求人】
→ 神戸博愛病院 求人


<給料から見た一般病院>

総合病院は定年者や退職者によってできた求人なのでほぼ毎年のように多数募集するのに対して、一般病院の求人は看護師不足によるものや、診療科目の拡大によるものもあるので給料は見合った額が支払われます。

ようするに人材確保ということです。

公立の大学病院とくらべると月給はやや高いがボーナスは低く、しかも退職金は低いので生活水準をやや冷静に考えることも大事です。

毎月の貯蓄や節約などで調整します。

もちろん病院の経営状況に応じた給料なので募集サイトに登録して雇用形態をよく調べたうえで自分の希望する科で働きましょう。

患者やその家族に頼られることも多く対話も大事になってきます。
一般病院ならなおさらで、自分の担当する患者が元気になっていくのは嬉しくやりがいのある仕事です。

Comments are closed.